広島の!府中家具プロジェクト

みなで踏みだした、新たな一歩。

私たちの町、広島県「府中市」には、
300年もの家具づくりの歴史がある。
かつては「婚礼家具の府中」と全国でその名を知られていた。
しかし、時代と共にそのニーズは失われつつある。
このままでは府中家具の未来が描けない。
私たち府中家具は今、
未来のために、新たな一歩を踏みだした。

私たちが「スタート」する!

互いにライバルでもある家具メーカー5社、
様々な個性と能力をもつデザイナー8人、
二人三脚で挑む。
家具メーカー5社、様々な個性と能力をもつデザイナー8人

「強み」は何?

「婚礼家具の三点セット」販売。
人々の生活を見つめ、パッケージで買って頂くという、
かつて新たな市場をつくった「商品企画力」。
またそれは、連綿と鍛え抜かれた技術と相まって、
日本の「幸せの一端を担う」家具づくりを任されてきたことが、
私たちの「強み」である。

「これから」どうする?

人々を幸せにする「これからの家具」を作る。
まだ確かな道筋は見えていない。
けれども300年の家具づくりの「精神と技術」を武器に、
勇気と熱意をもって、手探りでカタチにし、人々に届けてゆく。
家具組合理事 高橋氏より決意表明(約50秒)

「5つのチャレンジ」

伝統と技術を築いてきた府中の家具メーカーと、
府中家具の試みに賛同したデザイナーによる「5つのチャレンジ」。
MEETEE
今、ここでしかできない「職人業」ブランド。

「お披露目発表会」

2015.12.7-9 「東京・代官山T-SITE GARDEN GALLERY」 全国のインテリアショップのバイヤー、プレス関係者、一般の方にむけて、わたしたちの5つの家具を手に取って体験していただくお披露目発表会を行います。 オープニング・レセプション + プレゼンテーション

プロジェクトメンバー

府中は「ものづくり」の町

7世紀より「備後国府」と名付けられ、
備後国の政治、経済、文化の中心であった。
現在もなお、全国に誇れる地場産品がある。